ワイモバイル

ソフトバンクが展開するサブブランド。 月2GBまでのデータ通信と1回当たり10分までの通話無料で1年目が1980円(税別)。 家族割引もあり、主回線1つに最大9つの副回線の月額料金がそれぞれ500円引き。 さらに公衆無線LANサービスの「ソフトバンクWi-Fiスポット」が無料で使える。

端末の分割代金で月々の通信料金からの割引で相殺する実質100円端末や、 ワイモバイルのオンラインストアのアウトレットコーナーで型落ちのハイスペックモデル などが格安で手に入る。

販売店は全国で4000店と多く、対応する内容も大手並み。

UQモバイル

auのサブブランドでKDDIの回線を使用。最大60分の無料通話と(2400円分)月2GBまでのデータ通信 で1年目が1980円(税別)。3月からは5分以内の通話が回数無制限のプランに移行予定。

データ通信容量は余った場合に翌月に繰り越すことが可能。 メールやSNSの送受信など最大300kbpsの節約モードに切り替えることも出来てデータ 通信容量の節約になる。

こちらも実質100円端末が手に入る。

量販店でのWiMAX売り場でのスマホ販売もしており、全国に1585店舗を展開。

楽天モバイル

楽天が運営するNTTドコモ回線使用のMVNO。 1回あたり5分以内までの通話回数無制限がついて月2GBまでのデータ通信で1年目が1880円(税別)。 但し、プランに応じたセット端末の種類が決まっている。SIMカード単体なら 5分かけ放題を含む月3.1GBで2450円(税別)。

月々の通信料金に対して1%の楽天スーパーポイントが付与され、通信料金の支払いにも充当できる。 また、楽天市場での買い物でも付与率が1%アップする。 端末代金はクレジットカードの24回払いを利用するが、楽天カード以外は金利手数料がかかる。

量販店での店舗数は108店と少なめ。